発起設立と募集設立 - 株式会社の設立方法Navi

株式会社の設立方法Navi
株式会社の設立方法Navi > 発起設立と募集設立

発起設立と募集設立

株式会社の設立方法には2種類あって、ひとつは発起設立、もうひとつは募集設立です。
これから株式会社を立ち上げたいと思っている人はこのふたつの方法の違いをしっかり理解しておかなければなりませんので、ここではその点についてお話していきたいと思います。

まずはじめに発起設立ですが、これは一部の発起人が中心になって設立する方法で、資本金の用意から設立の手続きなどすべてを発起人が行います。
もちろん事業の方向性や会社の立地などもすべて決めますから、どんな商材を売っていく会社なのか、またどのような営業スタイルを築いていくのか細かい部分まで基礎を作っていかなければなりません。
その分責任も大きくなりますが、そのかわり会社の決定権・発言権は大きくなりますので「自分のやりたい会社」を作るならこの方法が一番いいでしょう。
一般的な株式会社も発起設立がほとんどですから、まずはこの方法から検討すべきです。

次に募集設立ですが、こちらは発起人がすべての資本金を用意するのではなくあらかじめ株主を募集してそこから資本金などを集めて行う方法です。
したがって会社設立に賛同してくれる株主が見つかるまでは設立自体できませんから、場合によってはかなり時間を要する可能性もあります。
しかし資金不足で自分だけでは会社が興せない人にとって、募集設立は良い方法だと思いますので魅力的な事業案を作り、株主を募る努力をしてください。

良くも悪くも株主ありきな方法なので、どんな事業をするのかがとても重要なポイントになりますし、そこが良ければ比較的早く見つかると思います。
逆にそうでなければなかなか見つかりませんし、良い事業アイデアでもプレゼンテーションがうまくなければ賛同は得られません。
このように募集設立は発起設立と比べると少し難しい面もありますが、お金のない人でも大きな事業を起こせるチャンスでもあります。

以上が株式会社を起こすためのふたつの方法になります。