株式会社設立に必要な印鑑 - 株式会社の設立方法Navi

株式会社の設立方法Navi
株式会社の設立方法Navi > 株式会社設立に必要な印鑑

株式会社設立に必要な印鑑

株式会社に限らず会社を設立するときには必ず印鑑が必要になりますが、ひとつだけ準備すればいいわけではありません。
会社設立にあたっていろいろな契約を交わすことになりますし、場面によって使う印鑑が変わることもありますので、そのときに備えてあらかじめ準備しておきましょう。
今回は株式会社設立時に必要な印鑑を紹介していきますから、発起人・役員候補になる人は覚えておいてください。

まず最初に必要になるのが「法人実印」で、これは登記をするときに必要になり1~3cm以内に収まるものでなければいけません。
法人用の実印なのでこの印鑑は非常に重要なものになりますから、登記で使った後も大切に保管しておきましょう。

次に銀行の法人口座を開設する際に使うための印鑑も必要なもので、これは通帳を使うときや手形、小切手を発行するときに使います。
意外と使う機会も多いものですから、こちらもなくさないようにしてください。

そしてもっともよく使う印鑑が「社印」と呼ばれるもので、これは領収書や請求書、見積書など各種書類に捺印するときに使われますから、日常的に使うことになるでしょう。
したがって複数用意しておくのが好ましいですし、はじめからいくつか作っておくと手間が省けます。

最後に会社の所在地や電話番号、会社名、代表者名などが記載されているゴム印を作っておくと、各種契約のときに必要な情報を記載する手間がかからないので便利です。
ゴム印は押せるスペースがない書類もありますので、社印と使い分ける必要がありますが持っていて損はないので社印と一緒に作っておくといいでしょう。

このように株式会社で使われる印鑑は少なくとも4種類は必要になりますし、これ以外にも個人で印鑑が必要になるケースもあるので、各自持っておくことをおすすめします。
日本では契約の際に必ず印鑑が使われるくらい重要度の高いアイテムですから、できるだけしっかりしたものを作ることも大切です。