株式会社設立の書類 - 株式会社の設立方法Navi

株式会社の設立方法Navi
株式会社の設立方法Navi > 株式会社設立の書類

株式会社設立の書類

株式会社を設立するときには書類がたくさん出てきますが、実は種類自体はそれほど多いわけではなく、どこにどんな書類が必要なのか知っておけばスムーズに手続きができるはずです。
ここでは株式会社設立のときに必要な書類を紹介していきますから、ひとつひとつ確認しておいてください。

まずひとつめは定款を作るための書類で、これは無料ダウンロードができるサイトがありますから、そちらからダウンロードして入手してください。
電子定款をする場合申請用総合ソフトを使用して作成しますが、公証役場へ行くときはソフトで作成したものを保存したUSBやCD-Rに加えてプリントした定款も3部用意しておきましょう。
また身分証明書となるものや印鑑なども必要なのでこちらも準備しておいてください。

次に登記のときも書類が必要になり、まずは登記申請書に必要事項を記入しなければなりません。
登記申請書は定款と同様に無料ダウンロードができるサイトを利用してダウンロードします。
このほかにも登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙や認証された定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書が必要になるので忘れずに用意してください。
登記のときにはもっともたくさんの書類が必要になりますので、漏れがないかどうか提出前に必ずチェックしておいてください。

登記が終われば一通り会社設立の手続きもできたと言えますが、その後いろいろな契約をしていくことになりますからそこでも必要な書類は出てきます。
たとえば事務所を借りる場合、賃貸契約のために必要な書類がありますし、リースで業務用エアコンなどを導入するならそのための書類も必要でしょう。
さらにインターネットを導入するにあたって契約書類がありますから、こういった書類もそれぞれきちんと保管できるようにあらかじめ分けておいてください。