定款の作成 - 株式会社の設立方法Navi

株式会社の設立方法Navi
株式会社の設立方法Navi > 定款の作成

定款の作成

株式会社設立にあたってひとつの山場になるのが定款の作成で、これは書き方も決まっている部分が多いですからマニュアルに沿って記入していきましょう。
とは言え、項目が多く初めて定款を作成する人のほとんどはかなり時間がかかると言われていますから、あらかじめどんなことを記載しなければならないのかチェックしておく必要があります。
そこで今回は定款を作成するときに記入する項目を紹介していきますので、書き方同様覚えておいてください。

まず最初に定款の雛形を入手しますが、これは専用のサイトがありますので、そこから無料ダウンロードすることができます。
そして記入に移りますが、たとえば取締役会非設置会社を例にした場合、定款タイトル・日付・商号・目的・本店の所在地・公告・発行可能株式総数・株式の譲渡制限・取締役の員数・取締役の任期・事業年度・設立に際して出資される財産の価額・設立後の資本金の額・最初の事業年度・設立時の役員・発起人の氏名、住所等・電子定款の場合は書換えが必要な項目・発起人の記名押印・捨て印の順番で記入していきます。

定款とはそもそも会社の基本的な決まり事を記載するもので、いわゆる会社内の法律書になりますからそこに記載されていることはそのまま会社のルールになります。
したがって非常に重要度の高い書類になる分記入ミスも許されませんし、作成は慎重にならなければいけません。

現在定款は紙による認証と電子認証の2つの方法を選択できるようになっていて、紙による定款の場合は公証役場で公証人によって行われます。
このときに収入印紙代として40.000円必要になりますので忘れずに準備していきましょう。
電子認証の場合は手続き自体を自分で行うことになるので、収入印紙代はかかりませんから紙による認証と比べて40.000円お得になります。
自分でやるとなるとある程度知識も必要になりますから、作成前にしっかり情報収集をしてください。